弟亡き後、けなげに生きる兄ちゃんの生活記録
2018年04月22日 (日) | 編集 |
4月中旬にしては珍しく最高気温が24.5度だった21日

朝から気持ちの良い天気だったので、てつ君は今年最初のベランダ散歩をしました。
20180422-1.jpg


てつ君がベランダ散歩をする時に、興味があるのは道路を歩いている人とか動物を見ること
20180422-3.jpg


そして、一番興味があるのが空を飛ぶカラス
20180422-2.jpg


そんなにカラスが飛んでいない日もあるのですが・・・
20180422-4.jpg

20180422-5.jpg


今の季節は、子育て中のカラスが多い感じで、カーカーと挑発するような声を出してウロウロするカラスが多い。
20180422-6.jpg


ベランダから数十メートル先まで飛んできて鳴くカラスに対して、てつ君はシャーという声で威嚇した
20180422-7.jpg


てつ君は、部屋の中から外を飛んでいるカラスを見つけると「カカカカッ」というような声を出すことが多い。
これは「クラッキング」と呼ばれる行動で、猫の習性らしい。

猫が「クラッキング」をする意味は、「思うように獲物を捕れない事でストレスを感じている」という意見や「獲物に対する自分の気持ちを鼓舞するため」、「獲物に対する警戒音」など諸説あるけれど、まだ明確に解明されていないらしい。
猫の中でもやる猫とやらない猫が存在していて、生前のレッド君が「クラッキング」をしているのを見たことが無い。
てつ君は、野良猫になっても生きていけるような野性味を持っている猫なので、「獲物に対する自分の気持ちを鼓舞するため」に発しているものと思われ、頭の中では獲物を捕まえる妄想をしていたり、捕獲するためのイメージを膨らませて楽しんでいるのかもしれません。

ベランダでカラスを見ている時も時々「クラッキング」しているので、カラスを捕獲するためのイメージを膨らませて楽しんでいると思われるてつ君ですが、さすがに数十メートル近くまで飛んでこられると、威嚇するところが面白い。

猫の「クラッキング」に関しては、http://tetoan.com/cat-trivia/cracking/を参照





↓ランキングに参加中です↓ ポチッとしてね
これをクリック
にほんブログ村 猫ブログ スコティッシュフォールドへ
ブログ村 スコティッシュフォールド


ついでにこちら↓もポチッとしてね

スコティッシュ・フォールド ブログランキングへ





2018年04月02日 (月) | 編集 |
3月から猫用健康補助食品「ネコジーン」の定期購入していますが、昨日、4月分が送られてきました。

20180402-1_20180402214458020.jpg

20180402-2_2018040221445973a.jpg

20180402-3_20180402214501403.jpg


初回1ヶ月分が2689円、二回目以降1ヶ月分4860円ということで、主食ではなくて「おやつ」としては高価ですが、糞や尿があまり匂わなくなったり、嘔吐する回数が減るなど健康補助食品としての効果はある感じです。
貝エキスが含まれているからなのか、てつ君の食いつきもGOODです。

夕食前におやつとして試供品のご飯と一緒に与えていますが、毎日「早く食べたい」と猫が催促して大変です。
前回はお口の周囲が汚れてしまった動画を公開し、てつ君に恥じをかかせてしまいましたが、今回はガツガツと食べるてつ君の動画を公開します。








↓ランキングに参加中です↓ ポチッとしてね
これをクリック
にほんブログ村 猫ブログ スコティッシュフォールドへ
ブログ村 スコティッシュフォールド


ついでにこちら↓もポチッとしてね

スコティッシュ・フォールド ブログランキングへ






2018年03月31日 (土) | 編集 |
レッド君亡き後、猫の生態に関して調べることが多くなり、猫に関して興味ある記事の書かれているサイトをチェックすることが増えました。

色々とチェックしている中で、妙に納得したのが「ネコ案内」というサイトの2018年2月12日の「猫に被り物はダメ!」という記事。

猫の耳には血管や神経が多く通っており、耳で体温調整もできるということで、猫にとって耳は生きる上で大事な器官らしい・・・
20180331-1.jpg


立ち耳の猫はそんなに耳を動かすことは無い感じですが
20180331-2.jpg


耳折れの猫は、いろんな方向に耳を動かします。
感情の動きが耳の動きに表れていると感じることもあります。
20180331-3.jpg


そんな大切な耳を、かぶりものや帽子によって変な方向に折り曲げられたり、下に押さえつけられたりするのは嫌なことらしい…
ストレスを感じない猫もいるみたいですが、多くの猫は少なからずストレスを感じているらしい・・・
服を着せたり、かぶりものをさせたときに、猫がおとなしくなるのは一種のパニック状態らしい・・・
「写真撮ってすぐハズしてるから」なんて言うけれど、それは人間の都合であり、猫にとっては迷惑なことらしい・・・

「ウチはそんなに嫌がらないから」とか「慣れさせれば…」なんて声が多いようですけど、
そもそもやる必要がないじゃん、って思っちゃいますね。
との「ネコ案内」サイトの作者の意見に、妙に納得してしまう私です。

我が家で生活している「てつ君」と、今は亡き「レッド君」は、幼少の時から首輪も被り物も服も全て嫌いで、飼い主はがっかりすることが多かった。
せめて首輪くらいさせて・・・と思ってチャレンジしたことはありますが、それは単に飼い主の希望であり、猫にとっては迷惑な話だよなーと納得し、我が家の猫は生まれた時の姿で飾り物無しでこの10年間生活しています。
それで何か困ったことがあったのか?
飼い主がブログに掲載する写真が単調になることくらいで、猫にとっては何一つ困ったことは無いと思われる。

猫に被り物はさせないほうがいいという思いは、あくまでもこのブログの作者と作者に飼われている猫の思いであります。
20180331-4.jpg


被り物に慣れさせておくことでメリットもあるとのことですので、一概に「被り物とか服はダメ」とは言えないことも事実ですし、外を徘徊することもある飼い猫であれば首輪の果たす役割が大きいことも事実です。




↓ランキングに参加中です↓ ポチッとしてね
これをクリック
にほんブログ村 猫ブログ スコティッシュフォールドへ
ブログ村 スコティッシュフォールド


ついでにこちら↓もポチッとしてね

スコティッシュ・フォールド ブログランキングへ