オヤジ一人と雄猫2匹のお気楽でガサツな日常生活
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008年06月25日 (水) | 編集 |
てつはドアを開けることを完璧に覚えてしまい、朝の4時過ぎには「腹減った」と寝室を襲撃され、
留守にするとパソコンルームを襲撃される日々です。

寝室のクローゼットに忍び込んでスーツを毛だらけにしたり、パソコンルームのドライフラワーを
見るも無残な姿にしたり、電磁波を吸収するサボテンはひっくり返すなど、破壊活動が激しい。

怒って追い掛け回すと、遊んでくれていると思うらしく、まったく反省することも無く同じことを繰り返す。

寝室のドアは内側からも外側からもロックできるので、最近は「猫立入禁止」にしていますが、
パソコンルームのドアには鍵が無く、困っています。

破壊活動の写真・・・あまりに悲惨で公開どころか撮影する気も起きませんです。




関連記事
スポンサーサイト
2008年06月04日 (水) | 編集 |
6月4日はレッド君の去勢手術の日です。

玉ちゃんが1個しか確認できないレッド君、最悪の場合は開腹手術が必要となります。
手術前夜、一足先に去勢手術を受けた兄ちゃんが励ますように毛づくろいをしてくれました。
tetsu.gifレッド君、明日は頑張りなさい
20080604-1.jpg

red.gifお腹を切るのは痛いのかなー
20080604-2.jpg
とっても不安な表情のレッド君

手術当日
前日22時からは食事禁止。当日6時以降は水を飲むことも禁止
20080604-3.jpg
何時もはご飯がもらえる時間になっても、何も出てきません。

red.gifあのーーー、ご飯はまだですか
20080604-4.jpg

9時過ぎに、腹ペコ状態のレッド君を連れて病院へ
診察室に入り、体調をチェックし、玉ちゃんもチェック・・・・
「あれ?玉ちゃん2個ありますよ」
「もう少し様子を見てからになりますが、普通の去勢手術で済むかも知れません」
と言われ、安心半分、不安半分で帰宅。

午後2時過ぎに無事に開腹することなく去勢手術は終了し、4時過ぎに迎えに行きました。
帰ってきたレッド君、何故か麻酔の覚め具合が良好で、とっても元気。
いつもそんなに熱中しない玉遊びに夢中です。
20080604-6.jpg

これには兄ちゃんも驚き
tetsu.gifレッド君、どうしたの
20080604-5.jpg

去勢手術の相談に行ってから1ヶ月。
「潜在精巣」という状態かもということで心配していたレッド君です。
もし「潜在精巣」であれば、開腹して玉ちゃんの在処を確認して切除する手術をする必要がありました。
幸いにしてレッド君の玉ちゃんは正規の位置に戻っていたようで、簡易な去勢手術で済みました。

「潜在精巣」に関しては
http://allabout.co.jp/pet/cat/closeup/CU20050220A/index2.htm
を参照してください。


関連記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。