オヤジ一人と雄猫2匹のお気楽でガサツな日常生活
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008年10月16日 (木) | 編集 |
最近、レッド君・てつさんの手足は石鹸の香りがする。

レッド君の手
20081017-1.jpg

てつさんの手
20081017-2.jpg

これは最近、トイレの砂(エバークリーン)を微香タイプから芳香タイプに変更したから。

20081017-3.jpg

トイレから出てくる度に石鹸の香りが漂い、とても良い感じです。



関連記事
スポンサーサイト
2008年10月09日 (木) | 編集 |
9月30日よりCANONのデジタル一眼レフカメラEOS50Dで撮影した写真を
掲載していますが、コンパクトデジカメで撮影した写真と比較して何が違うのだろう?

今まで「FUJIFILM FinePix F31fd」と「OLMPUS ミュウ850SW」の
2台のコンパクトデジカメで写真を撮影していました。

以下の3枚はコンパクトデジカメで撮影した写真

20081009-2.jpg
FinePix F31fd 1/90 f/2.8 ISO800

20081009-1.jpg
FinePix F31fd 1/40 f/3.4 ISO800

20080818-4.jpg
ミュウ850SW シャッター速度不明 f/4.0 ISO800

以下の2枚はデジタル一眼レフで撮影した写真
20080929-1.jpg
EOS50D 1/60 f/2.8 ISO1600

20081004-3.jpg
EOS50D 1/100 f/2.8 ISO1600

撮影時間・場所が違いますので、5枚の写真を単純に比較することはできませんが、
明らかに違うのは被写体(猫)後部のボケ具合です。
ここに掲載しているデジタル一眼レフで撮影した2枚の写真は、マクロレンズという
主として接写撮影で使用するレンズを使用して、絞り開放で撮影しています。
絞り開放設定とかマクロレンズを使用しての写真は、一眼レフカメラならではです。

私は、平日の日中は自宅にいることが無いので写真撮影は夜間になりますが、
基本的に猫を撮影する場合、どんなカメラでもフラッシュ発光は禁止に設定しています。
赤目(猫は緑目になることが多い)防止の為ということもありますが、猫を驚ろかさない為です。

フラッシュ発光を禁止にすると、絞りはほぼ開放、ISO感度も自動的に高く設定されます。
シャッター速度が遅くなる場合もあるので、コンパクトデジカメは手ぶれ防止設定を利用しています。
デジタル一眼レフは、手ぶれ補正機能をカメラ本体に備えている物と、レンズ本体に備えている物が
ありますが、私が利用しているCANONはレンズ本体にIS(IMAGE STABILIZER)機構があります。
ただ、私が現在使用しているマクロレンズにはIS機構は搭載されていません。
デジタル一眼レフで手ぶれさせない撮影姿勢をとれるようになるために、あえて手ぶれ補正機能の
無いマクロを使用して撮影練習中です。

5枚の写真を比較してみて、ブログに掲載する写真は適材適所でコンパクトデジカメとデジタル
一眼レフを使って撮影したら面白いなーと感じています。
コンパクトデジカメでは絞りやISO感はたいして気にもしていませんでしたが、FinePix F31fdの
ISO感が3200まであることを知って驚き!!

デジタル一眼レフカメラのレンズはマクロ以外にも18-200mmF3.5-5.6ISというズームを
持っておりますので、今後はまた一味違った写真も公開したいと思います。




関連記事
2008年10月07日 (火) | 編集 |
てつはボーっとした目をしていますが、レッド君は時々鋭い目つきをする。
そこが[ぴかぴか(新しい)]素敵なところでもある。

20081007-1.jpg
EOS50D 1/60 f/2.8 ISO1600

20081007-2.jpg
EOS50D 1/50 f/2.8 ISO1600

20081007-3.jpg
EOS50D 1/60 f/2.8 ISO1600




関連記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。