FC2ブログ
弟亡き後、けなげに生きる兄ちゃんの生活記録
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012年02月25日 (土) | 編集 |

「レッド」君は私を見つめるようなことは無いのか?

答えは
「てつのように何時も人のご機嫌を窺うようなことをレッド君はしない」
「遠慮がちな眼差しで見つめる時もたまにはある」
ということでしょうか


私が「てつ」のベロベロに付き合って遊んでいる時
20120225-1.gif

「レッド」君は何をしているかと言うと

家の中で一番暖かな場所でマッタリとしている
20120225-2.jpg

「レッド」君は、とても遠慮がちな猫です

異母兄弟でありながら、「てつ」と「レッド」君には微妙な序列が存在する

「てつ」の一歩下がった位置にいつも「レッド」君はいる
20120225-3.jpg

何をするのも「てつ」がやってみて、それを「レッド」君が見ていることが多い

何故なのかは判らない・・・
「てつ」のほうが一回り体が大きいからなのか?
性格によるものなのか?


「レッド」君は、私に甘える時も遠慮がちです

「レッド」君が私に甘える時
それは「てつ」がキッチンを徘徊していたり
20120225-4.jpg

箱に入って夢中で遊んでいる時
20120225-8.jpg

「てつ」の油断している隙をついて「レッド」君は私の傍にきて甘える
20120225-5.jpg

甘え方も遠慮がち

私の膝に手を置いて甘える時も

おい、遊んでやるぞ!!
20120225-7.jpg
生意気な態度の「てつ」と違って

甘えさせてくれて有難う
20120225-6.jpg
とても控えめな「レッド」君です

性格の違う2匹のおかげで
退屈することが無い毎日

楽しませてくれて有難う




↓ランキングに参加中です↓
遠慮がちな「レッド」君のために
ポチッとしてね

にほんブログ村 猫ブログ スコティッシュフォールドへ
ブログ村 スコティッシュフォールド











コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。