FC2ブログ
弟亡き後、けなげに生きる兄ちゃんの生活記録
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012年03月20日 (火) | 編集 |
猫はある一点を見つめていることがよくある。

猫の見つめる先を見ても何も無いことが多い。

猫の視力は、実は人間より劣っていて近視気味で、人間に例えると0.1の視力らしい・・・

しかし、動く物に反応する動体視力と、暗闇でもよく見える集光力には優れている。

では、ある一点を見つめて、猫は何を見ているのだろう?

視力は人間より劣りますが、猫の聴力はものすごい。

人間が聞こえる範囲は約2万ヘルツ以内、犬が約4万ヘルツと言われていますが、猫は7~8万ヘルツ位まで聞きわけられるそうだ。

かすかな音も聞き取れる聴力を駆使して、獲物がどこにいるかをキャツチする能力がある。

「てつ」は何処に居ても、プリンターの電源を入れた時に出るプリントヘッドの動く音を聞きつけて飛んでくる。

キッチンで缶詰を開ける「パッカン」という音にも敏感に反応する。


我が家の猫は、2匹して玄関のほうを集中して見ていることがあり、いったい何があるのか?と思う時があるが、恐らくはお向かいさんが帰ってきてエレベーターのドアが開く音とか、ドアを開けるカギの音などに反応しているのだろう。

見ているのでは無くて「集中して聞いている」のだろう。


仏壇のある和室の襖を凝視していることも多々あるのですが、これだけは「何かの気配を感じるのか??」と猫に問いかけてはみるものの、襖を開けてみる勇気は無い。
特に夜中に猫が襖を凝視していたら・・・早く寝ることにしている。



2月21日から休まずに更新を続け、今日で1ヶ月が経過しました。
何時まで続くものか・・と思いながら日々更新してきましたが「大変だな~」というのが本心です。

更新する励みになるのでは?とブログランキングにも参加していますが、こんなブログを見てくださる奇特な方??のおかげで、予想外の順位をキープしていて、本当に感謝感激でございます。

何時まで連続更新を続けられるのかはまったく不明ですが、頑張りたいと思いますので、これからもご愛顧のほどをよろしくお願いします。

何時も見てくれて有難う






↓ランキングに参加中です↓ ポチッとしてね
これをクリック
にほんブログ村 猫ブログ スコティッシュフォールドへ
ブログ村 スコティッシュフォールド



スコティッシュ・フォールド ブログランキングへ



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。