FC2ブログ
弟亡き後、けなげに生きる兄ちゃんの生活記録
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2018年03月05日 (月) | 編集 |
2月25日に「見つめる猫」というタイトルでブログ記事を書きました。

それから一週間が経過した今でも、何か目線を感じるなと思ったら、少し離れた場所から「てつ君」が私を見つめていることが多い。

20180305-1.jpg


猫が飼い主を見つめているのは、飼い主が何処かに行ってしまわないだろうか?という不安な心の現れなのだろうと思っていましたが・・・

20180305-2.jpg


猫は飼い主の感情によって微妙に行動を変えるらしい。
飼い主が落ち込んでいるときは、普段よりも人間に頭をこすりつける行動が多くなるそうである。

20180305-3.jpg


飼い主の感情によって猫は微妙に行動を変える?
私がどんな感情の時に、てつ君は少し離れた場所から私を見つめているのか?

そう言えば、つい先日まで開催されていた平昌オリンピックをテレビで見ていて、感動して涙することが多かったのですが、そんな時てつ君は少し離れた場所から私を見つめている。
悲しくて涙を流している時は「どうしたの?」という表情をしながら近づいてくるのに、感動して涙を流している時は少し離れた場所から見つめている。

てつ君が飼い主を見つめているのは、不安な心の現れなのではなくて、飼い主の心を理解しての行動なのだろう。

思ったより猫は頭が良くて、人間の気持ちも読める生き物らしい。
そっけないフリして、意外と気を使ってくれているのである。




↓ランキングに参加中です↓ ポチッとしてね
これをクリック
にほんブログ村 猫ブログ スコティッシュフォールドへ
ブログ村 スコティッシュフォールド


ついでにこちら↓もポチッとしてね

スコティッシュ・フォールド ブログランキングへ






コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。